安産祈願

出産月まで御祈祷します。参詣当日はご本人様に直接祈祷します(代理の方でも結構です)。御祈祷料はお守り、お札ともで一万円です。
帯について(帯は、当山では準備していませんので、持参されると良いでしょう。)
古来より五ヶ月の戌の日からさらしの腹帯をまく習慣が伝わってきました。
犬は多産でありながらお産が極めて軽いということから安産の守護神として、また悪鬼を払い赤ちゃんを守るという意味があるといわれています。戌の日からというのはこの犬の安産にあやかっています。
また五ヶ月を過ぎ、おなかが大きく重たくなってくると腰に負担がかかり腰痛を起こしやすくなります。そこでおなかを持ち上げるようにしっかり支え、腰や背中の負担をやわらげる妊婦帯をつけるのです。
当山では安産祈祷の際、五ヶ月目の戌の日から着帯される帯も一緒にご祈祷いたします。
1.安産祈願
2.子宝祈祷/子育て祈祷

3.お宮参り
・七五三参り
・十三参り

4.祈祷/ご祈祷料

5.TOPにもどる

All rights reserved. Copyright (C)2017 kokuzouson.